本文へスキップ

名古屋市中川区で相続、遺言の相談は

TEL. 052-301-1010

〒454-0967 名古屋市中川区戸田西2丁目
932番地

山 田 事 務 所

金銭トラブル

金銭トラブル(原告事件)

 相談にみえる多くの方は、貸したお金が返ってこない。商品や請負の代金が支払ってもらえない。賃料を支払ってもらえない。問題がほとんどです。
 司法書士が依頼人の代理人となって話し合いをする事が可能ですが、経済的に困窮していたり、支払う意思がなかったりで分割での支払いの話し合いもまとまらないケースが多くあります。
 
 その場合は、通常は裁判をして勝訴判決を得て預金や給料を差押える等の強制執行手続きをしたり、裁判上で和解をする事で強制執行がいつでもできる状態にしておく事が考えられます。

 債務者によっては、強制執行をする財産もない事も考えられますが、それでも、時効が延長されるなどのメリットもあり、将来的に債務者が経済的に余裕が出てきた際に有利に交渉をする事が可能となる場合もあり得ます。 


  司法書士が代理人となれるケースは、請求する金額が140万円以下のケースです。
 140万円を超える金額の場合は書類作成援助となり、裁判の期日に依頼人と同行して、裁判事務を援助いたします。
 代理事件、書類作成支援のいずれの場合も、事案によって弁護士選任が好ましい場合は弁護士をご紹介させて頂きます。
 また、受任した事件についても、弁護士へのご紹介はいつの時点でも可能です。
 まずは、お気軽にご相談ください


戻る




金銭トラブル(被告事件)

 裁判所か手紙が届いてしまった場合に、それを放置しておくとどうなっていますのか。
 裁判所から送られてくる手紙については、通常は支払督促は、裁判の期日呼出状が考えられます。
 支払督促はある債権者が債務者に対して、裁判所を通じて支払いを請求している請求書のようなものですが、適法に対応をしなければその請求を認めたこととなり、身に覚えのない請求であったとしても強制執行されてしまう事になってしまいます。
 裁判期日の呼出状については、呼出状と一緒に相手方からの訴状が一緒に入っており、どのような請求を原告は被告にしているから、それに対しあなたの反論を教えてくださいというものです。
 こちらについても、何も反論しないで放置しておくと原告の請求を全面的に認める事となり、何もしないまま敗訴となり強制執行されてしまうことになってしまいます。
 もっとも多い相談は、裁判所からの呼出期日に出頭せずに、何らの反論もせずに敗訴判決が出てしまってからのご相談です。
 敗訴判決が出てしまった後に、不服申立期間が経過してしまうと何とも対処のしようがない事もしばしばあります。
 裁判所からの手紙は身に覚えがなかったとしても、例え言いがかりであったとしても、きちんと対応しなければ強制執行されてしまう可能性が出てきてしまうので、万が一、裁判所から手紙が届いたら、例え身に覚えがなくとも必ず対応する必要があります。
 まずは、お気軽にご相談ください

戻る

 


  

バナースペース

司法書士・行政書士 山田事務所

〒454-0967
名古屋市中川区戸田西2丁目932番地

TEL 052-301-1010
FAX 052-301-1110
www.yasumasa-office.com
www.facebook.com/yyoffice


<対応地域>

名古屋市(熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、西区、東区、瑞穂区、緑区、港区、南区、名東区、守山区)愛西市、あま市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、春日井市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、長久手市、日進市、半田市、弥富市、東郷町、大治町、蟹江町、豊山町、春日町、大口町、扶桑町、阿久比町、安城市、岡崎市、蒲郡市、刈谷市、新城市、知立市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、碧南市、みよし市、幸田町他愛知県全域

桑名市、四日市市、津市他三重県全域

岐阜市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児郡、多治見市他岐阜県全域