本文へスキップ

名古屋市、中川区、蟹江、あま市で金銭トラブル、建物明渡トラブルの相談は

TEL. 052-301-1010

〒454-0967 名古屋市中川区戸田西2丁目
932番地

山田安政事務所

金銭トラブル、建物明渡トラブル

本人訴訟支援

   裁判の流れ
     1・訴状の作成
     
    2・裁判所へ訴状の提出(提訴)

    3・期日の指定(呼出日の決定)

    4・被告への送達

    4−2・被告答弁書提出

    5・裁判期日(第1回弁論期日)

    5−2・準備書面提出

    6・裁判期日(第2回弁論期日)
      ※事案により、回数は異なります。

    7・裁判終結
      (1)判決による終結
         裁判所が原告被告の主張を聞いたうえで、原告の主張
         を認めるか(勝訴)認めないか(敗訴)で終了します
         判決に不服がある場合は、不服申し立てができます。

      (2)和解による終結
         裁判上で、原告被告で裁判所の仲裁により話し合いを
         して和解をします。
         和解内容の履行がされない場合は、強制執行ができま
         す。

    8・原告勝訴で被告からの任意の履行がない場合。または和解が
      履行されない場合は、確定判決、または和解調書による強制
      執行を申立てることができます。





    補足
      ・提訴から第1回期日までは概ね1か月です。
    ・期日と期日の間は概ね1か月程度の期間が空きます。
    ・不服申立は、判決を受け取ってから2週間以内に行う必要があ
     ります。

      

     裁判手続はとても複雑な手順を必要とし、また、法定要件も充足し
   た書面を提出することが必要となります。

   司法書士や弁護士といった法律専門家に代理人を依頼せず、本人訴
   訟を選択されることも手段の一つであり、費用も抑えることができ
   ます。

   難しい法理用語ではなく、依頼人の言葉を訴状、答弁書、準備書面
   にするために我々司法書士は明治時代から代書人として活躍してき
   ました。


     当事務所は原告事件、被告事件、代理事件、書類作成事件の全てに
   対応可能です。

   また、専門家への費用が払えないという方にも、法テラスの民事法
   律扶助をご利用いただけます。

   お気軽にご相談ください

 
         
戻る

司法書士・行政書士 山田安政事務所

〒454-0967
名古屋市中川区戸田西2丁目932番地

TEL 052-301-1010
FAX 052-301-1110
www.yasumasa-office.com
www.facebook.com/yyoffice

<対応地域>

名古屋市(熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、西区、東区、瑞穂区、緑区、港区、南区、名東区、守山区)愛西市、あま市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、春日井市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、長久手市、日進市、半田市、弥富市、東郷町、大治町、蟹江町、豊山町、春日町、大口町、扶桑町、阿久比町、安城市、岡崎市、蒲郡市、刈谷市、新城市、知立市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、碧南市、みよし市、幸田町他愛知県全域

桑名市、四日市市、津市他三重県全域

岐阜市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児郡、多治見市他岐阜県全域

生活保護受給者の方へ
 当事務所は、法テラスの民事法律扶助の利用が可能です。
 当事務所では、これまでも多数の生活保護を受給されている方々のトラブルの解決をお手伝いしてまいりましたお気軽にご相談ください。