本文へスキップ

名古屋市、中川区、蟹江、あま市で金銭トラブル、建物明渡トラブルの相談は

TEL. 052-301-1010

〒454-0967 名古屋市中川区戸田西2丁目
932番地

山田安政事務所

建物明渡トラブル

建物明渡(原告事件)

 アパートや駐車場を貸している相手方が、荷物や車を置いたまま行方不明になってしまったり、賃料を何か月も滞納しているため、契約を解除して出て行ってもらいたいと言った相談が多くあります。
 大家の立場としては、荷物を処分して次の借主に貸してしまいたいと考えるのが当然でしょう。
 しかし、大家が一方的に契約を解除して、勝手に荷物を出したり、鍵を変えてしまったりする事は、例え契約書に承諾文言があったとしても借主からの損害賠償請求の対象となる恐れがあり、いかなる理由があろうとも、適法に手続きを踏んで、契約解除から荷物の処分までを行う必要があります。

  司法書士が代理人となれるケースは、請求する金額が140万円以下のケースです。
 140万円を超える金額の場合は書類作成援助となり、裁判の期日に依頼人と同行して、裁判事務を援助いたします。
 代理事件、書類作成支援のいずれの場合も、事案によって弁護士選任が好ましい場合は弁護士をご紹介させて頂きます。
 また、受任した事件についても、弁護士へのご紹介はいつの時点でも可能です。
 法律上、大家であったとしても勝手に荷物を捨ててしまったり、強引に
立ち退かせたりすることはできません。
 適法に手続きを進めていくためにも、トラブルが発生した際はお気軽に
ご相談ください




戻る


追い出しトラブル(被告事件)

 何らかの理由で家賃を滞納してしまい、退去を求められている方の相談も多くあります。
 その場合、ご相談者の現状により、ご希望に添えるかどうかという部分はありますが、違法な手続きにより退去(追い出し)にあっている場合も多くあります。
 契約書を突き付けられて退去を求められるケースもありますが、まず、契約書に署名したからといって、その契約条項が適法に認められる条項なのか判断が必要になります。
 もし、退去を求められてしまっている場合に、その原因が自分にあり負い目であったとしても、退去まで本当に必要なのか法的に問題がないのかをしっかりと判断する必要があります。
 特にお子様がいる場合や、行く先がない状態での退去は現実的ではありません。
 家賃の分納で住み続けられることも可能かもしれませんし、退去する場合でもその時期について交渉が必要かもしれません。
 もし、お困りの際はご相談だけでも結構ですので、ご相談ください
 また、当事務所は法テラス契約事務所ですので、低所得や生活保護受給中などの資力要件を満たす方は民事法律扶助の利用が可能です。
 詳細はお問い合わせください。

戻る


 
  

司法書士・行政書士 山田安政事務所

〒454-0967
名古屋市中川区戸田西2丁目932番地

TEL 052-301-1010
FAX 052-301-1110
www.yasumasa-office.com
www.facebook.com/yyoffice

<対応地域>

名古屋市(熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、西区、東区、瑞穂区、緑区、港区、南区、名東区、守山区)愛西市、あま市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、春日井市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、長久手市、日進市、半田市、弥富市、東郷町、大治町、蟹江町、豊山町、春日町、大口町、扶桑町、阿久比町、安城市、岡崎市、蒲郡市、刈谷市、新城市、知立市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、碧南市、みよし市、幸田町他愛知県全域

桑名市、四日市市、津市他三重県全域

岐阜市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児郡、多治見市他岐阜県全域

生活保護受給者の方へ
 当事務所は、法テラスの民事法律扶助の利用が可能です。
 当事務所では、これまでも多数の生活保護を受給されている方々のトラブルの解決をお手伝いしてまいりましたお気軽にご相談ください。